top of page

コロナ禍でしていたこと



徐々に日照時間も短くなり、気温も下がり始め何となく淋しい気もしますが、晩秋の良さを味わいながら日々楽しんでおります。


先日、「皆様コロナ禍でいかがお過ごしでいたでしょうか?」とうかがいましたが私の事をお伝えしていませんでいたので少しお話しますね!


本来であれば、この時期は地元東京狛江市で毎週各地域の祭礼に参加してお神輿を担がせてていただきながら多くの友人、知り合いと交流を深めていた時期ではありますが、今年もそれは叶いませんでした…。(3年間中止)



来年こそは必ずや開催出来ることを切に祈っております。


コロナ禍で始めたトライアスロン

コロナ禍で人との接触機会を制限された中で取り組み始めたのが「トライアスロン」でした。

元々は中年太りの嫌気からロードバイクに乗り始めレースに参加するようになり、その延長で子供の在校しているパパ達の影響でトライアスロンに誘われ続け、祭礼も無く目標の無い中で最終的に断る理由が無くなってしまったのが始めたキッカケになります。


そしてここでまた転機が訪れました。

トライアスロンはスイム、バイク、ランの3種目があります。海で1500mも泳ぐ?怖っ…これが不安、鬼門で数年間のお誘いからトライアスロンを遠ざけていた理由でもあります。

しかし、この最大の不安が自身の体に変化を起こしました。苦手なスイムをこなす為に海で泳ぐようになり、自然と鼻腔に海水が入るようになった結果、塩水による鼻洗浄になっていたようです。


※実は私、根っからの鼻炎持ちでハウスダストや花粉に敏感なのです。そのため、普段からマスクと点鼻薬は必須で仕事中は尚更です。(なぜかというと、前回のブログで記載したとおり、、、壁紙を剥がしたときなどにカビやホコリなどが舞い散るからなのです…)


劇的に改善とまではいきませんが、明らかに以前とは違います。よくいわれる「鼻うがい」というものは、理にかなっているのかもしれませんね。


ちょっとしたきっかけで身体は正直に反応してくれますので、是非色々と生活スタイルや環境改善をお試しになってみてはいかがでしょうか。


おうちのご相談は是非下記からご連絡ください。












閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page